翻訳家としての将来性は?

翻訳家としての将来性は?

翻訳家になりたいとは思っているけど、翻訳家という仕事に将来性があるか気になっている人もいると思います。

せっかく在宅翻訳アカデミーで手に職をつけても仕事自体が無くなってしまっては意味がないですよね。今回はそんな心配している人のために翻訳家の将来について考えていきたいと思います。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

今後AIに仕事を奪われる?

精度はまだまだ不十分

機械翻訳ではGoogle翻訳やDeepL翻訳といった有名なものがありますが、以前よりかなり自然な翻訳になってきたとはいえ、まだまだ精度としては不十分です。

個人が全体的な文章の意味を何となく知りたいという程度であれば参考にできると思います。しかし、例えば製品のマニュアルの翻訳が不自然だったらどう感じるでしょうか?

その会社の信用度にも関わってきますし、場合によっては危険な状況が発生するかもしれません。もちろん AIによって翻訳される機会も増えてくるかもしれませんが、翻訳家の仕事がすぐに奪われるということは考えにくいと思います。

人じゃないとできないことがある

翻訳はただ英語の意味を日本語に変換すれば良いということではありません。その発信者の伝えたいことを汲み取ることが必要になってきます。

人から人への伝え方の細かいニュアンスは機械に理解することは難しいですよね。文字は気持ちを伝える場面もたくさんありますので、人じゃないとできないことがたくさんあります。

個人単位での依頼も増えていく可能性

動画配信やネットショップのグローバル化

インターネットの普及で一個人が簡単に世界に向けて発信することができるようになりました。

例えば動画配信で字幕をつけたり、商品を海外に向けて販売したり、日本から海外へ、また海外から日本へ情報を発信したい人が増えていると感じます。

自分でもできないことはないですが、やはり自分の情熱を持ってやっていることが不自然な翻訳で台無しになってしまうこともありますよね。

今後そういった翻訳家が翻訳したものがより必要とされる時代になっていくと思います。

結論として、AIがまだまだ人間の翻訳能力に追いつくことはできない状況と、これからの個人単位でのグローバル化を考えていくとむしろより翻訳家が必要とされていくんんじゃないでしょうか。

少なくともやってみたいけど将来性が不安だからやめておこうかなって思う必要は全くありません。興味があることで手に職をつけることはなかなか難しいですので、在宅翻訳アカデミーで翻訳の技術を身につけてはいかがでしょうか。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る